【似顔絵ジャパン】似顔絵ポータルサイト http://www.nigaoe.jp

似顔絵ジャパン www.nigaoe.jp

【似顔絵ジャパン】
似顔絵描いてもらった人も嬉しそう、描いた人も楽しそう。そんな似顔絵の世界を楽しんでくださいね。

【百科事典】 高藤直寿

高藤直寿 とは
?藤 直寿(たかとう なおひさ、1993年5月30日 - )は、栃木県下野市出身の、日本の柔道選手である。階級は60kg級。身長160cm。血液型はAB型。組み手は左組み。段位は参段。得意技は小内刈、肩車。現在はパーク24に所属している。 7歳の時に柔道を始めた。小学校3年からは66kg級世界チャンピオンの海老沼匡も在籍していた野木町柔道クラブの所属となった。小学校5年の時にはその年に新設された全国小学生学年別柔道大会40kg級の初代チャンピオンとなった。翌年はこの大会の45kg級で優勝して2連覇を達成した。 東海大相模中学3年の時には全国中学校柔道大会で優勝した。 東海大相模高校1年の時には16歳以下の世界一を決める大会である世界カデに出場して優勝した。2年の時にはインターハイ60kg級で優勝を果たしたが、全日本ジュニアでは2位に終わった。3年の時にはインターハイで2連覇すると全日本ジュニアでも優勝した。そして世界ジュニアでは優勝を果たした。 その直後の講道館杯では、準決勝で世界2位の平岡拓晃に一本勝ちして、決勝でも国士舘大学の川端龍相手に先に有効2つ取ってリードするも、小内刈で逆転の一本負けを喫して2位に終わり、高校生での優勝はならなかった。

似顔絵情報ポータルサイト【似顔絵ジャパン】 http://www.nigaoe.jp

表示情報の著作権等はそれぞれの検索情報を提供して下さっている検索元企業さま方に帰属しております。