【似顔絵ジャパン】似顔絵ポータルサイト http://www.nigaoe.jp

似顔絵ジャパン www.nigaoe.jp

【似顔絵ジャパン】
似顔絵描いてもらった人も嬉しそう、描いた人も楽しそう。そんな似顔絵の世界を楽しんでくださいね。

【百科事典】 第2回

第2回バチカン公会議 とは
『第2ヴァティカン公会議』より : 第2バチカン公会議(だい2バチカンこうかいぎ、ラテン語: Concilium Vaticanum Secundum、1962年〜1965年)は、ローマ教皇ヨハネ23世のもとで開かれ、後を継いだパウロ6世によって遂行されたカトリック教会の公会議である。 この会議では、公会議史上初めて世界五大陸から参加者が集まり、まさに普遍公会議というにふさわしいものとなった。教会の現代化(アジョルナメント)をテーマに多くの議論がなされ、以後の教会の刷新の原動力となるなど、第2バチカン公会議は20世紀のカトリック教会において最も重要な出来事であり、現代に至るまで大きな影響力をもっている。 公会議の経緯 開会まで 1869年の第1バチカン公会議では、カトリック教会がフランス革命によって生まれた近代革命世界を否定するというスタンスがとられた。 = ピオ11世 = 1923年5月23日、教皇ピオ11世は枢機卿会議で、1870年に中断されたバチカン公会議を継続させるために公会議を召集することは適切か否かを枢機卿たちに問うた。

似顔絵情報ポータルサイト【似顔絵ジャパン】 http://www.nigaoe.jp

表示情報の著作権等はそれぞれの検索情報を提供して下さっている検索元企業さま方に帰属しております。